toggle
ブログ
2020-08-17 | わたなべ, ブログ

にんげんのふく 2

第一弾
詩  ウチダゴウ
染め 相澤染工場(呉汁+藍)
   ものあい

僕は松煙染めをネットで検索していた。
そしたら、相澤さんを発見した。
そして、すかさず電話した。

結果的に私の間違えで、松煙染めはやっていなく、明治から創業している藍染印半纏を作っている所だった。
だから、急いで行った。そして、相澤さんに会って作った。
詩が見えない。けど、洗うと徐々に浮き出てくる詩。


ややこですが、このTEEシャツの詩は2種類あります。英語版と日本語版。

染めは5箇所で染めて色味も何個かあり、サイズあり合計で150枚近く作りました。そのため管理をするのがややこです。いや、もはやできていないかもです。
けれど、素晴らしいことに、このにんげんのふくは150枚全て表情が違う。一点一点違うのです。

そう、にんげんだもの。
いやーすばら。ややこに越したことはない。

更に、人の汗で色の経年そして、その人のその日の気分、なんなら歳を経つにつれて、詩を言葉をとらえる気持ちの変化。
いやーにんげんって、良いですね。

△ top